紀州梅の里なかた 評判

紀州梅の里なかた 評判

 

中田食品の梅干し、しららは完熟の梅を使ったまろやかな味わいで、わが家では子供も喜んで食べてくれています。

 

 

梅干しは私の祖母が良く手作りしてくれていました。

 

 

祖母の梅干しは、湿気の多い南九州でも腐らないように非常に塩分濃度が濃く、子供の頃は酸っぱいしょっぱいと言いながら、身体に良いのだからと我慢しながら食べていました。

 

 

正直あまり好きな食べ物ではなかったのですが、日本の食べ物なので、子供には食べられるようになって欲しいとは思っていました。

 

 

祖母が高齢になり、手作りの者が届かなくなってから、市販のものを買うようになりましたが、なかなかおいしいと思える味にであう事ができませんでした。

 

 

はちみつを使った物なら美味しいかな、と試してみると甘味がしつこくてさっぱりしなかったり、安いものだと余計な調味料を使っているせいかえぐみを感じたり、化学調味料の味が強かったりと、なかなか満足できません。

 

 

そんな時に、実家の母から中田食品の白らが届きました。

 

 

これなら絶対美味しいから食べてみて、と言われてあまり期待せずに試してみたところ、思わず美味しいという言葉が口から自然と出ました。

 

 

まろやかな梅の甘みと、しっかりとした酸味がとてもバランスよく、しかも余計な雑味が全くないので白ご飯がなくても美味しく食べられるくらいでした。

 

 

ご飯のおともと言うイメージですが、中田食品の梅干しはそれだけでも主役になれる美味しさです。

 

 

どうしても食べたがらなかった子供も恐る恐る食べてみて、これなら大丈夫だ、と言いました。

 

 

食べ慣れて行くにつれて美味しさが分かってきたようで、今では朝ご飯の時に自分で冷蔵庫から持ち出してきます。

 

 

おにぎりを作る時にはいつも昆布おにぎりがお気に入りだったのですが、梅おにぎりも好きになって、最近では種から外して自分でおにぎりに詰めたりしています。

 

 

完熟の上質な梅を使っているからこそこの美味しさが出せるのだろうと思います。

 

 

日本の伝統食の風味をきちんと生かしつつ、現代の子供にも食べやすいような味を実現してくれて、ありがたく感じます。

 

 

最近では風をひいと時には緑茶に梅干しを一つ入れて、梅茶を作って飲んでいます。

 

 

身体が温まるし、失いがちな塩分を補給する事もできるので助かっています。

 

 

梅茶にするには本当においしい梅を使わないと味のごまかしがきかないのですが、中田食品のものはさすがのおいしさです。

 

 

これからも我が家の食卓で活躍してもらおうと思います。

 

>>中田食品 公式オンラインショップはコチラから<<